人工流産について考える

2019年09月24日
心配している女性

コンドームを使ったり、安全日を考慮した結果でも、運悪く妊娠した場合、人工流産に走る若者が少なくありません。
子どもの望んでいない場合の避妊率は、国内で約40%と少なめで、この傾向は地方の場合だとされに少なくなります。
多くは生の状態でペニスを挿入したほうが、お互い快感を覚えるためです。
また外だしをする場合もあり、このときには下手すると妊娠する可能性が高いのです。
特に若者に多く、子どもをまったく望んでいないなために妊娠したとなると、そのまま結婚もしないで、同性あるいは入籍することもあります。
ただし、中年以降になると、中出しをすることがあります。
おそらく妊娠しないという前提であろうかと考えられます。

仕方なく人工流産をするのは高校生が多いです。
産婦人科に泣きながら駆けこむ女子高校生が多いのです。
一方で避妊率は10~20代で多いですが、年齢があがるにつれて下がってきます。
避妊を望む望まないの選択が明確にわかります。

避妊法は明治時代からあり、有名なのがオギノ式避妊法です。
この方式によって避妊率が大きく上がり、高く評価されました。
当時は人工流産がなかったので、無理もないことです。
この方式現在でも使われており、高等学校保健体育の教科書でも大きく取り上げられています。

少子化進んでいるため、避妊法がいろいろ採用されています。
多くは女性の生理日を考慮しながら避妊あるいは妊娠を計画しています。
これからますます少子化が進んでいく想定ですので、避妊法は重要な課題になるでしょう。

子どもをつくるつくらないは個人の考え方ですが、社会情勢を見極めた出世率上昇に向けて、国や各自治体ではいろいろな取組みが行われています。

関連記事
パートナーの妊娠を望む男性は避妊だけでなく喫煙も止めるべき

少子高齢化の世の中だとは言われていますが、夫婦である以上やはり早く妊娠して子供を作りたいと考えている人達も相変わらず多いものです。妊娠して子供を作ろうと思った時は夫婦の協力が必要不可欠となります。妊娠することが出来るのは女性だけですが、男性も協力する事項が色々とあるのです。特に大切なのが避妊を止めて...

2019年10月28日
避妊外来が閉店している場合

コンドームが外れてしまうなど事情があって緊急に避妊しなければいけない時もあります。基本的に事後避妊をする場合には性交をしてから三日以内に薬を緊急避妊薬を飲まなければいけませんが、病院の産婦人科が閉店している場合にはどうすればいいのでしょうか。通常避妊薬は産婦人科で診察してもらってから処方してもらうこ...

2019年10月13日
避妊と子宮内膜症治療に有効なピルを飲み忘れない為に

ピルといえば、まだまだ日本では「避妊薬」としてのイメージが、強く根付いています。もちろん、正しく服用する事で排卵を抑制し、99・9%と高い確率で避妊の効果を得られますが、ピルは何も避妊だけに用いられる薬ではありません。最近は、女性特有の病気の治療にも、幅広く処方されるようになりました。その中の1つに...

2019年09月08日
避妊用の月経異常度チェックにかかる費用

さまざまな要因で、無月経や月経不順、月経前症候群や月経困難症などの、月経に関する異常に悩んでいる女性が増えています。月経異常とは、規則正しく月経がこないことを言いますが、初潮からずっと月経不順の人もいれば、就職などをきっかけに数ヶ月間だけ、一時的に不規則になったり、更年期の症状で不規則になる人もいま...

2019年08月19日
ピルの避妊の仕組み

ピルによる避妊方法は、多くの方が検討するものかもしれません。基本的にはコンドームによって行う事が一般的ですが、仮にゴムが破れてしまったりした時には、行わざる得ないとされています。現に五十万人弱の人が使用した事があるとされており、誰であっても使用する可能性があるという事が言えます。そのようなピルですが...

2019年08月07日